就活は、あなたも、企業の採用担当者も疲弊しています

今回、企業の採用担当者について、俯瞰してみましょう。

 

企業の採用活動は、基本的に『採用担当者』に権限が一任されてます。

もちろんその企業の経営TOPが、直接指揮を採っていることもあります。

しかし、最終選考までは、担当者に任せて、進捗管理されています。

 

まず、就活サイトに自社を登録して、

就活フェアにブースを出して、

応募してきた学生をケアして、

面接にまで漕ぎつけます。

役員面接を通過して

内定を出すことができました。

 

ここからは、

内定者に裏切られないように

細心の注意を払いながら、

卒業できるように見守ります。

4月にや本当に入社式を迎えられて

任務が終了しました。

 

 

さて、ここで、皆さんに質問です。

 

すべての企業の採用担当者が、

このようにスケジュール通りに活動できて、

予定の採用人数を確保できていると思いますか?

 

それが出来ているのは、一部の大企業に限定されています。

新規採用を年中行事のプロジェクトとして行っている会社は、

大手サイトに多額の費用を掛けて、早期に優秀な学生を確保し、

自分達のスケジュール通りに学生を動かして、採用活動を収束させています。

 

 

しかし、多くの一般企業の採用担当者は、

<応募数が順調に集まらない>

<面接のアポが取れない>

<設定した基準が高すぎたのか>

学生の確保に四苦八苦しています。
 

 

 

どうですか?

あなたの就活と同じではありませんか?

 

 

企業があなたを選ぶのではなく、
あなたが働く先を選ぶのです!!